2015年10月 Wさんと長崎

カテゴリ:2015年10月 Wさんと長崎 の記事一覧

1 NAGASAKI 

この間、Wさんと 長崎に行ってきた。


Wさんは 初長崎。 
任せるわ~ と言われたので、

よっしゃ任せろー  ∑d(≧▽≦*) と、
気合を入れすぎた結果の 夜中の2時出発。 


とっても迷惑。 

でも出発!! 




真っ暗な中進み、時々休憩をはさみながら
よじかんはん・・・


最後の方とか、休憩する時間もなくて 朦朧としながら (;OдO) 
高速を飛ばして、何とか たどり着いた長崎市!

この前 来たばっか!(笑) 



実は、この時長崎のおまつり 長崎くんち 
があってて、今日は最終日。 


長崎くんち サイト ↓
http://nagasaki-kunchi.com/dashimono/




私たちは、よくテレビ中継がある 
諏訪神社の桟敷席を、確保しているのです。 

   n ∧_∧
  (ヨ(`・ω・´) ウェ~イ
   Y    つ


桟敷席は、基本的に 4人1枡の升席 
でしか販売してない ( 何万もして高い ) んやけど、

最終日だけ 諏訪神社で升席の
バラ売りが されているらしい。 

初めて知った(笑) 


でも、バラ売りでも 5千円だもんなー 
痛いよー il||li _| ̄|○ il||l

 

ちなみに、升席と升席に 挟まれた参道の上は
長坂 と呼ばれていて、ここは タダ同然で入れる。 


ので、毎年 整理券を貰う為に
前日の夜から並ぶような 筋金入りの くんち好き

が座るので、あっという間に 埋まるらしい。


勝てる気がしない。 



バラ売りの券は買ったけど、これは 引換券 なのです。

席に座るためには、諏訪神社の中にある 引換所で、
ちゃんとした 入場券? と、交換しないといけない。



dsc08979



この時点で 席は決まってないので、
どの席に座るのか わかんない・・・・


先着順らしいんやけど・・・
よく分からん。 (;´Д`)


早く行った方が いいのか? 



絶対行ってみたい と思っていた長崎くんち。
やっと 見る機会に恵まれた。 

ので、朝イチから見たいの ごめんー (;◔д◔)




開始が8時20分~で、7時~開場 なので、
早く諏訪神社に着こうと 夜中に出発した訳なんやけど・・・ 


稲佐山行きたいなー と思ってて・・・
現在 6時半。

どうする・・・ (≧□≦;)  このまま行った方が・・・
でもYさん、長崎 初めてやし・・・



やっぱりビギナーは 稲佐山 外せんやろー 
((Θ_Θ;) んーーー  



trjykugo



稲佐山到着。 



前回は、下の公園で車を停めて、片道30分
くらいかけて 頂上の展望台に行ったんだけど、

もう絶対 歩きでは来ない! と心に誓っていたので、
100円払って 頂上の駐車場に。



日の出直後だったので、風が冷たくて寒かったけど、
これで 目が覚めたわー 



DSC08929




長崎来たわー って感じするわー 
綺麗やったー ∑d(≧▽≦*) 




長崎初めての Wさんも、


原爆の中心地が あそこなのーとか
あら、あそこって こんな所にあるのー (゚д゚o≡o゚д゚) とか

看板見ながら 熱心に見ていた。



DSC08934


DSC08951



雲がめっちゃ綺麗だった。
というか、めっちゃ近かった。



手を伸ばせば、触れそうな感じ。
どんだけ巨人?(笑)

夜景スポットやけど、朝日も素敵やん と思った。 




DSC08950


DSC08954



さて、あんまり ゆっくりできないんだよ。 
山を下りて、諏訪神社に向かわないと!!
 


諏訪神社の近辺は、 交通規制 がされてると聞いたので 
離れた グラバー園の近く に車を停めて、

路面電車で向かう計画 だったんだけど・・・ 



この辺りまで練るのか、ここらへんも 

進入禁止だったりがあって、ちょっと迷った・・・・・ 
ナビと違うと 焦るよー il||li _| ̄|○ il||l  



そしてやっぱり、
路面電車 怖い!!

停留所前の、右折が 超怖い。 



対向車線が ずっと車が来てて
自分は 線路に 半分ツッコんでる ので、



今電車来たらヤバイ!は、早く!
ヤバイうぉおーぉぉー:(((;゚;皿;゚;))) 

ってなります。 
変な汗を 大量にかく(笑) 





つryふぃgヴいkjn




なんとか、市営の 常盤南駐車場 に停めた。 
il||li _| ̄|○ il||l よ、よし。 

午前7時半で、ハンパない疲労感。



公園が横にあり、この前に、 
大浦海岸通り の停留所があるので、移動は便利です。 






DSC08960  dsc08961






  




dsc08962 dsc08963


dsc08964



ここから路面電車で、 諏訪神社前 の停留所まで15分くらい。 
路面電車が進むにつれて、お客さんが いっぱい乗ってきた。

そして、諏訪神社の停留所で 一気に下りる(笑) 


みなさん、おくんち 行くんだったの?!
初めてなもんで、びっくりしてしまった。




dsc08965 dsc08967

dsc08968 dsc08970



人の流れについていくと、すぐ鳥居が見えてきた。 
その先には なんか人だかりが・・・

えっ、もう始まってるの?! 
と思ったら、代表者の人の挨拶だった。 


(;◔д◔)=3



dsc08974




フゥフゥ言いながら石段を上り、横から
まわりこんで 境内の中にある 引換所へ。 

厚紙の立派な 入場券を貰った。 
大きいー (´・∀・`)


dsc08977 dsc08978


dsc08980 dsc08981





dsc08985



dsc08987 dsc08989



桟敷席は、参道から真正面で テレビに 
ガッツリ 映る場所だった・・・



マジかー やめてぇー (;◔д◔)
と、さりげなく Wさんを前に。 



私 『 観えんやろ? 前座っていいよー 』 


W 『 そう? 』 


にやり。 (  ゚,_ゝ゚) 



dsc08990


dsc08993



あ、あそこに 進行役の人がいる。


この方が 喋りが上手くて上手くて。
長崎弁が、ほっこりします。



dsc08991




桟敷席は、ちょっと狭かった・・・
足が・・・・足がヤバイ。 



下では、盛り上げ役? のひとが、
持ってこーい の練習をしていた(笑)

温めるなぁー (☉∀☉) 
モッテコーイ モッテコーイ


Wさんに隠れながら、カメラを構えていると 早速始まった。
 
 榎津町  傘鉾 ・ 川船 ( かわふね ) です。


 
( つづく  )





 


スポンサーサイト

2 NAGASAKI 

tdhhgvjbk



「龍踊 ( じゃおどり ) 」  「 鯨の潮吹き 」  「 太鼓山 ( コッコデショ ) 」 
「 阿蘭陀万才 ( おらんだまんざい ) 」  「 御朱印船 ( ごしゅいんせん ) 」 

など、ポルトガルや オランダ、中国など南蛮、紅毛文化の
風合いを色濃く残した、


独特でダイナミックな
演し物 ( 奉納踊 ) がなされるらしい。


踊り町 ( おどりちょう ) が 59か所もある って初めて知ったし、
7年に1度しか見れない って言うのも 初めて知った。



   パシャ
 ∧_∧
 (   )】
 /  /┘
ノ ̄ゝ




諏訪神社に祀られている 三体の神体が、諏訪神社の
本宮から大波止に設けられた 御旅所 ( おたびしょ ) に下り、

後日には再び 本宮に上るという神事が行われる。



各踊り町は 諏訪神社 本宮で演し物を奉納した後、
旧八坂町 ( 現鍛冶屋町 ) の八坂神社

御旅所 ( 夢彩都おくんち広場 )長崎市公会堂
などの 踊り馬場 でも奉納を行う。


その後旧市街の 各企業や 民家の入り口前 ( 庭先 )
で、演し物の一部を披露する ( 庭先回り )。



出し物の 種類としては、


踊り
町ごとにさまざまな 種類の踊りを行う。
本踊り ( =本朝踊り、日本舞踊のこと )、阿蘭陀万才など。


曳物
下に車輪のついた 山車を引き回すもの。
ほとんどは 船をモチーフとしたものであり 「 船 」 とも呼ばれる。

龍船、 川船、 唐人船、 御座船、 鯨曳 ( 俗に 「 鯨の潮吹き 」 ) など。


担ぎ物
大勢の担ぎ手が担ぐ 演し物。 龍踊、太鼓山 ( コッコデショ ) や
鯱太鼓など。 他所で見られる神輿のように担ぐだけでなく、

引き回したり、高く放り上げて 片手で受け止めるといった
ダイナミックな動きに 特徴がある。

 
通り物
行列そのものに 趣があるもの。 大名行列、アニオーサンの行列、
媽祖行列など。 現在は単独では ほとんど行われておらず、

奉納の一部で 見られる場合がある。




川船、 龍踊りなど 多くの演し物は 複数の町が奉納するため
ほぼ毎年〜 数年ごとに見られるが、

一部の演し物 ( コッコデショ、鯨の潮吹きなど ) は
一つの町しか行わないため、基本的に 7年に一度しか奉納されない。



o128009601307934860850 hono04
コッコデショ                                      鯨の潮吹き
http://ameblo.jp/taikoyama/                       http://www.osuwasan.jp/reisai/hono.html


~ ウィッキーさんより~




えっ、龍踊って 1つの町じゃないの?

何か所か やってる町があるの??

パンフレット観て、あ、龍踊りがある!
龍踊みれて なんてラッキーな ゚+.(・∀・).+゚.*:゜ と思ってたのに。



その町の シンボルでもある、巨大な 傘鉾 ( かさぼこ )
が出てきて、ステージ? を周回する。


みんな ふとーまぁーーれぇーー って言ってる。
九州の方言の 太く ( 大きく ) 回れー って意味らしい。


思い傘鉾を担ぐのは かなり大変らしく、
何人も入れ替わりながら ぐるぐる回る。

がんばってぇー (;◔д◔)


ちなみに、この傘鉾を担ぐ人は、町の人じゃないんだって。
専門で 担ぎ手の団体があるらしい。


周りを幕が張っているので、下以外みえないのか
前を 旗を持った 案内人の人がいた。



dsc08999







そのあと、その町の 子供たちが出てきたんだけど

まーかわいい。


観客の目じりが 一斉に下がってました(笑)



アナウンスの人が 

『 お母さんの着物も 褒めてやってください! 

気合い入れてるんですからー って言ってて笑った(笑)




dsc09005




あと、くんちって 関係者が 紋付き袴 で出るので
日本で一番 正装する人が多い お祭りじゃなかですかねー

っていってた。


たしかに、みんな 紋付き袴 着てるなー
クリーニングが 大変そう (☉∀☉) 









川船の 船頭さん役 の子が
漁のまね をするため、網を・・・・


 


dsc09007


dsc09008



バッ!!

dsc09009



おぉ~~~ パチパチパチ
って、大拍手貰ってました。


お父さんも ホッ としたことだろう(笑)
お母さんもね (;OдO)=3



かっこいい!!



dsc09012


dsc09020









ヨイヤー ( 褒めるときの 掛け声? ) 
の歓声と 拍手の中、 踊りを終えて 坂を下ろうとする人たちに


モッテコーイ モッテコーイ

ショモォーヤァーレェー! ( 所望する もっとやれ の略の掛け声 )



で、下りかけた船が また戻ってくる。
何回も戻ってくる。

ヘロヘロなのに 戻ってくる。
あぁー 大変そうー ((≧□≦;)




モッテコーイ モッテコーイ

dsc09022




もう、坂を下るために 後ろから重さを支える
ロープを 船にくくりつけようとする人を

世話人の人が 邪魔するっていう(笑)
もう一回 良かやなかですかー って ;((;゚~゚;));:









やっとこさ解放され、石段を下りていく。
石段 降りるんだ・・・


何トン もあるらしい船を、人力で下していくので
一段 降りるたんびに

tjfyhkgjhlき


と、怖い音がする (;OдO)
よく無事だなぁ 船も石畳も。


石段の上に  敷いて、船を ツツー っと滑らせれば
簡単に下りていくのにね と思ったけど、

何トンもある船が 滑って行ったら、下に居る人が 危険だよね。 
後ろから引っ張る人も・・・・ 一緒に落ちていくわ(笑)



さて、どんどん 続きます。


( つづく )