フリマ

カテゴリ:フリマ の記事一覧

惨敗のフリマと、うさぎドロップ

この前、従兄弟のKちゃんと フリーマーケット に出店してきた。

朝9時に北九州市の小倉駅の裏にある RKBハウジングパーク へ。
リニューアルしたらしく、そのイベントで無料で出店できるということ。


会場に着くと、すでに何人か準備を始めていて急いで私達も準備。
すると、おじちゃんに

『 これいくらー (´・ω・`) ? 』 

と、すぐに言われ、まだ袋に入っているのに
CDコンポ が旅立っていった・・・(笑)


こりゃー 幸先がいいかなー  。ヾ(*`∀´*) と思ったけど、
それからぱったり人が来ない・・・ (゚Д゚≡゚д゚) 

q3hb3q

1時間経っても、売れたのは 2000円くらい。


まずお客さんが来ない。
工業地帯なのでもともと人通りはすくないみたいだけど

お客さんより 出店者のほうが多いし (;◔ิд◔ิ) !!!

3qhg q3gvq3 q3g35q3

それにくわえ、 ジリジリと焼けるような暑さが・・・・ 
ひ、干上がる・・・ (((( ;゚д゚)))) 


もう無理 (☼Д☼) !! と、12時半くらいで引き揚げた。
結局売れたのは3000円くらいで、ほとんど売れ残った。


出店料が無料じゃなければ、暴れてるよ(笑) 



暴れてるといえば。。。  会場でいきなり 救急車が来た。
熱中症 Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)  ?! と思ったら、

ピンピンした じーさん が自分で乗り込んでいった・・・ (;゚ Д゚)



救急車が来る前も、主催者の人に 

爺 『 オレが 救急車呼んだら悪ぃんか! 
         オォ!! 言ゅーちみろや (╬☉д⊙) ! 』
 


と、罵声を浴びせ、救急車の中でもあーだこーだあったみたい。
多分、 タクシー代わりに呼んだ みたいで主催者の人が

『 そんなことしちゃ駄目ですよ 』 みたいなことを言ったので、
じーさんが逆ギレしたみたい。


爺 『 おまえ! 俺ナメとんか! オォ?! (╬☉д⊙) 』


ナメてんのは おめーだよ (。・ˇдˇ・。) !
おめーが悪いんだよ じーさん!!



敬意を表せない人は、たとえお年寄りでも
じーさん ( あるいは クソじーさん ) と呼ばせていただきますよ。


ニュースでは見た事あるけど、生で初めてみたよ、
タクシー代わりに呼ぶなんて (;◔ิд◔ิ)  。




普通、具合が悪くなっても恥ずかしくて
救急車呼ぶのって勇気いるよねー。。  出来れば乗りたくない。


あーゆー人も、本当にいるんだなー と、呆れてしまった。。 
主催者の人も可哀想に。。。 (☼Д☼) 




そんなこんなで撤収し、 チャチャタウン にご飯を食べに行った。
おそば 美味しいー (´Ω`)!

フローズン も飲んだ。  美味しい (人´Д`*)。+゚ !

q3gq3g 3qh5




そして うさぎドロップ の映画を見た。 

あえてさb
 aethahtyah

aetththt eathathteah



松山ケンイチ カッコイー :.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ !
よかったね~ パパになって! 

芦田愛菜ちゃんもめっちゃ可愛いし、
演技うまいなー (;◔ิд◔ิ)  と思った。 面白かった~~

aethhhateh eathaath eatteて tehateh

うさぎドロップ 紹介サイト ↓
http://www.usagi-drop.com/#/video




結局、売上は 映画のチケット と キャラメルポップコーン に消えていった・・・・ 
(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。) チェッ  失敗だったなー。 

あそこはもう行かないわ・・・ (`;ω;´)


スポンサーサイト

イオン伊都 フリマに参加 ② 高祖山へ

道の駅を出た後、近くにある 怡土城 ( いとじょう )
を観に行った。

もともとココは、邪馬台国で有名な時代の イト国 があったとされる土地。

この怡土城は、奈良時代に 吉備真備( きびのまきび )という人が
作ったお城らしい。

伊都(怡土)国について ↓
http://www.itokoku.com/kankou/itokoku-00/index.html

4wh43whh 43w44h


************************************


怡土城 ( いとじょう )とは、8世紀奈良時代、福岡県福岡市と糸島市との境にある
高祖山 の山腹西斜面に築かれた山城のこと。国の史跡。

続日本紀によると、遣唐使一行に加わること2度留学し、その後大宰府政庁の高官となった
吉備真備が、孝謙天皇の命により天平勝宝8年(756年)6月築城に着手。

途中、吉備真備は、東大寺造営で 佐伯今毛人 と交代し、神護景雲2年(768年)2月、
完成されたとされる。

当時唐では、玄宗皇帝に対する 「 安禄山の乱 」 が勃発し、朝鮮半島では新羅が日本の
国使との会見を拒否するなど、対外的な緊張が高まり、九州の防備が急務となっていた。

城の特徴は、中国式山城の築城法でもってたすき状に築かれ、山の尾根づたいに
望楼 ( 物見やぐら ) を配し、西麓の平地に面して高さ10メートル南北2キロメートル
にわたる土塁・石塁をもって固め、その間に城門や水門等を造り、敵襲に備えたとみられる。

土塁の外側には幅15メートルのも確認されている。

その後、戦国時代地元の豪族、原田種継が城郭を再利用して中世 山城の高祖城を築城した。


************************************




車道のすぐ脇にちょっとした高台があって、その前に看板が建っていた。
絵図を見たら、この高台は土塁だったみたい。

yywhryh wt4whwt4h

tw43thg


このずっとずっと奥の山を囲むように、この防塁は周囲2kmも作られていたんだそうだ。
結構な年月がかかったんだろうなぁ・・・ (;◔ิд◔ิ)  と思う。 

すぐ隣には、 老松神社 があった。
目の前には民家があるので、あんまりグルグル歩いても迷惑なので、すぐに車に戻った。







それからもうちょっとすすんだ先にある、 高祖 ( たかす ) 神社 を観に行った。


************************************


中世( 戦国時代 ) には土地の豪族、原田氏 がその怡土城 ( いとじょう ) の一部を
改築し、 高祖 ( たかす ) 城 として根拠地としました。

その時、この 高祖 ( たかす ) 神社 を城鎮守の神としたようです。


************************************




こんなところまでがお城の城内だったなんて・・・
どんだけバカでかいんだ。。。 (☼Д☼)

車道から一寸はずれた道をすすんで山を上っていくと、ここにも城の防塁跡があった。
やっぱりここまで囲ってたんだね。。 すごいなぁ (*´・ω・`*) 。 




どんどん 高祖( たかす )山 に向かって上っていくと、駐車場があった。

4whw4th6t 4whw43th


苔むして雰囲気がある参道を登っていくと、立派な木が見えた。

46th4h


私は楠の木がすき~ ( *´艸`)♪  
でっかくなる種だし、 ウァッ と ヽ(o゚ω゚o)ノ 
空いっぱいに伸びて、何かパワーくれそうなんだもん。


高祖神社自体はそんなに大きくなく、地元の神社という感じだったけど、
古さといい、雰囲気といい、結構見ごたえがあって楽しかった。

th44w3h th446th34w 4wh4wh46th


夕方だったから光が黄色くて輝いていた。



高祖神社 HP ↓
http://www.kiku.com/takasu_shrine/


楽しかったな~
けど、結構売れ残ったな。次回に期待しましょう(笑)