乗馬

カテゴリ:乗馬 の記事一覧

乗馬は楽しい!①

この前、SさんとMさんと、宗像に乗馬をしにいった。

お世話になったのは、 カナディアンキャンプ 。

awrgaweg  ( ← クリックすると大きくなります )


カナディアンキャンプ乗馬クラブ HP ↓
http://www.canacan.jp/


ココは、伊藤英明さん が ドラマ( 映画? ) の撮影のため、
練習で来ていたところらしい。
初心者でも外乗で海にいけるとのことで、楽しみにしていたのだ。


1日体験乗馬は、
食事 + 30分のレッスン料 + 1時間の外乗 で 12600円

やったことない人から見ると、結構高いなぁ~ (。・ˇдˇ・。)  と思う。


でも、馬の管理とか、設備の維持とかで お金がかかるのかな・・・・
なんせ、セレブの スポーツだから~ ( イメージ ) 。



************************************


8時に出発し、北九州空港ICから福岡方面へ
・・・・が、いきなり事故で渋滞の表示。


10km~ (;◔д◔) ?!  
下道行ったほうが早いかも?!

ということで、 高速に乗って すぐ 、次のICで降りる・・・ (*´Д`)

意味なーい (。◕ˇ‸ˇ◕。;)!



下道を行くと、さすがに時間がかかった。
カナキャンの近くの 宗像大社 に着いたのは 11:30



食事が12:00~ としていたけど、宗像大社を見てたら
時間がないので、宗像大社から食事場所の

【 温や 】 にTELをして、



私 『 すみません、カナディアンキャンプさんの 体験乗馬で、食事を
    予約していると 思うんですけど、12時に 間に合いそうにないんです 』


温 『 ・・・え? みやみやさん? ・・・御予約いただいてるのは
     2組だけなんですけど・・・ ○○さんと、▲▲さん・・・ 』



私 『 えっ?! Σ(-`Д´-;) 予約入れてるはずなんですけど・・・ あれっ? 』

温 『 一度、カナキャンさんのほうに 聞いてもらってもいいですか? 』



急いでカナキャンさんに TELをすると、



カ 『 はい、みやみや様ですね~、3人様? 今日の1日体験ですね 』 

私 『 そうです。 あの、でも、食事の 温やさんに電話したら、
              予約貰ってないって 聞いたんですけど・・・  (;◔д◔)  』
 


カ 『 あ、食事の際は、一回こちらに来ていただいて、
     チケットを お渡ししてから、食事していただくんです。 』

カ 『 食事が、鯛茶漬け御膳、 鯛ぞうすい御膳、 イカ(?)御膳
      の3品から選べるんですが、どれがいいでしょうか? 』
 


私 『 え~と、え~と、ちょっと待ってください。 
    ( ごにょごにょ ・・・ ) えっと、、 鯛ぞうすい御膳を3つで 』
 


カ 『 はい、分かりました~、 時間は 12時半になるんですね?
     じゃぁ、12時半にこちらの 受付に来てください。 お願いします~ 』




聞いてないぞ~(笑) il||li _| ̄|○ il||li  


もう温やさんには 連絡がいってるもんとばっかり。。
予約の時にちゃんと 聞かなかったからなー。

でも電話してよかった・・・ (。☉_☉) 





カナキャンに行く時間まで 1時間。
宗像大社の中へ入る。


宗像大社 HP ↓
http://www.munakata-taisha.or.jp/


rwagrrg rwgwrgrrwg wrrwgrw




************************************

宗像大社は、

沖ノ島   : 沖津宮 : 田心姫神 ( たごりひめのかみ )、
大島    : 中津宮 : 湍津姫神 ( たぎつひめのかみ )、
田島(ここ): 辺津宮 : 市杵島姫神 ( いちきしまひめのかみ )

がそれぞれ おまつりされています。
この三宮を総称して 宗像大社と申します。


ここ宗像の地は、中国大陸や朝鮮半島に 最も近く、外国との貿易や
進んだ文化を受け入れる 窓口として、重要な位置にありました。
 
日本最古の歴史書といわれる 「 日本書紀 」 には、天照大神の
「 永遠に皇室をお助けし、皇室からも厚いお祭りを受けなさい 」 との
神勅 ( 天照大神のお言葉 ) により、三女神がこの宗像の地に降りられ、
おまつりされるようになったことが 記されています。


特に沖津宮がおまつりされている 沖ノ島は、九州と朝鮮半島とを結ぶ
玄界灘のほぼ 中央にあります。

た、女性はこの島には渡れず、今でも 古代からの風習をそのま
ま守り続けている 神の島でもあります。

この島からは、鏡、勾玉、金製の指輪など、約十万点にのぼる貴重な
宝物が見つかりました。

これらの宝物は 国家の繁栄と海上交通の安全を祈るために、神様に
お供えされたものです。 その内容や遺跡の規模の大きさなどからも、
沖ノ島は 「 海の正倉院 」 ともいわれています。

この神宝は、辺津宮神宝館に所蔵、展示されております。


************************************


wargwagrewa


交通安全祈願で有名らしく、だだっ広い駐車場の1画で、
車の御祓いをしていた。



ちょうど 菊花展 をやっていたけど、時間がなくて見れなかった。
奥のほうまであったのに~  見たかったぁ~ 。゚(゚ノД`゚)゚。  


afgreaase aretrea aetteahtgaet


こんなに時間がなくなったのも、 高速で事故った車のせいじゃー ヽ(*`Д´)ノ 
あれがなかったら1時間は早く着いたはず。

くそぅ (。・ˇдˇ・。) 。


fseazgbs


奥の本殿に歩いていく。

さすが、 菊花展 と 七五三 で境内は満杯。
人、人、人で酔ってきた。。。。 |||(-_-;)|||||


aetrhgaeh eathgareae aethahtea

awregtetreag awrterwatr awrgatgae

warteget wartgrte reatrgsgare

awgraeaetert



菊の御紋がついている門を抜け、本殿で参拝をし、
周りをぐるっと回っていたら ご神木 の 楢の木 が。

arwtgaetea

すごいなー。 つっかえ棒で支えてもらいながらずーっと延びてる。
どこまで伸びるんだ?






その脇には 第二宮、第三宮 にいく道が。


他の方に説明している ボランティアガイドさんが
一緒に回りませんか? といってくれたのでお願いすることに。

aetgatatrr aetrgageagtrae sthsrehteh 
 

沖の島の沖津宮、 大島の中津宮 
を祀っている石造りの社におまいりし、
木がいっぱい生えた参道を進んでいく。

rdstrshyeas



緑がまぶしいなぁ~。 (*´゚艸゚`*)


aethteeat

aethaththaer aetatteah awrqawewafre



途中、ご神木の 相生の樫 をみた。
枝が上のほうで他の枝とくっついてる。
根元がくっついてるんじゃなくて、枝がくっついてる。

wqerfwqgg

ewqarfwrgwrg

どうやって Σ(゚□゚(゚□゚*) ?枝ってくっつくの?
ご神木たる所以ですな。





qwerfwrqrwg waerwagwqg


第二宮、第三宮 に到着。

伊勢神宮で20年ごとの建て替えをする際、その木を移築して建てたそうだ。

qawerwgvrwg


沖津宮と中津宮 の神様が分霊されているので
それぞれの島に行かなくても、ここでいっぺんに参れます。

特に沖ノ島は女人禁制なので、 女の方はココからおまいりしたらいいですよ、
とボランティアガイドさん。



へぇ~ (*´・д・)
でも さっきの石造りの社 も 沖津宮 と 中津宮 
の神様を祀ってたけど、どうちがうの?

よくわからん  (´-`).。oO(・・・・・・・・・) 。



さて、宗像大社の奥へ進んでいきます。




スポンサーサイト

乗馬は楽しい!②

更に奥に歩いていく。
階段をずーっとのぼり、ちょっと町が下に見えてきた。


wargrwaegr wargatrwage awrgagtrtr


どこかで草を焼いているのか、煙がたちこめていて
日の光が はっきり差し込むのが見えた。


6ujs4us


何か綺麗~~ ( *´艸`)♪ !!
天使の梯子だ(*´д`*)
 


wargrwgrwgrw


rwaggrwatgrw awerarawggr awreagtrewag aetreagerge


階段を上っていくと、 ご神木 と 斎場 が見えた。
宗像大社の神様が、この木を伝って 降臨したんだそうだ。


46u4su


aetrwggearae


あたりの木だけ なんか種類が違って 、ひょろ長い木が伸びていた。

空から木を伝わって 神様が降りてくるなんて、
なんか、、もののけ姫みたいだぁ・・・ ∑(゚Д゚;≡;゚Д゚)





パワースポットらしく、念入りに お参りしたあと、来た道を戻っていく。
いいもの見れて よかったなー。


・・・・でももう時間がないよ Σ('゚д゚'o) ギャー!!

沖ノ島の出土品があるという 神宝館 にも行きたかったのに~
時間がにゃい!


[広告] VPS



ボランティアガイドさんに お礼を言って、急いでカナキャンさんへ向かう。




************************************



testestes  r aewgara ( ← クリックすると大きくなります )


12:30 到着。

ギ、ギリギリ・・・ ((( ;゚Д゚))) 


tedhdthdh


一般道の すぐ側にあった。 
馬場や厩舎や 事務所もすぐ。

ちなみに 温や さんも隣だった(笑) すぐでよかった~


atesreagrge warwarwarawg warrwggrt

 
間近にみる馬に びっくりしながら、 2階にある受付へ。
温やさんのチケットをもらって、申込書を書きながら お昼にすることに。




玄海食堂 温や - 宗像市 紹介サイト ↓ 
http://r.tabelog.com/fukuoka/A4003/A400302/40003953/


温や さんに入ると、結構込んでいたけど直ぐ座れた・・・・
が、来ない。。 (゚Д゚≡゚д゚)

awrgaewrgraew atrewtreatg


ジリジリ待ってたけど、着替える時間がなくなったので
Sさん と Mさん は先に着替えに行った。


aeteaateh


と、すぐに 鯛ぞうすい御膳 が到着(笑) 
まぁ、ぞうすいが熱いので、ちょっとくらい 後でもいいけど。


結局食べ始めたのは、レッスン開始15分前。
普通のご飯だったら 食べれるけど、ぞうすいが熱い!!


ハフハフ ・・・ズズー・・・
  ・・・はー (o゚д゚o) ・・・・ズビー。。 (θΩθ) ( ← 鼻水。熱いからね ) 



なかなか進まなかったけど、何とか食べて ダッシュでカナキャンさんへ戻る。
あ、慌しいぃぃ・・・ε=ε=(ノ≧ロ)ノ

料金は後払いらしく、さっそく 馬場へ降りていった。



いよいよ 初乗馬!!