大分北部 の観光

カテゴリ:大分北部 の観光 の記事一覧

もぐもぐー

この前、久しぶりに車を飛ばし、
fhgvjというお店に行ってきた。

このお店、前からよく通ってたけど
ここんとこ ごぶさたーんでした (o´・ω・o)



かなり年季の入ったお店に入り、
大好きな ビーフカレーを注文。

出てきたのが この大きさですよ。



 KIMG1817



この私が食べきれない。


意外にご飯が クるのです (´-﹏-`;)



そして別の日に食べたのは、fhgvj66

これも、ここの名物なのです。


どーん


 1488627768958


fhgkjkにあるまじき ジュージュー感の中、
あふあふ ((o´Д`)=з 言いながら食べる。


食べながら、誰もが考えるのは


ytfくl




そして私は答える。




ytfくl99

asffgsfg




そして、合わせてお勧めするのは

fhgvj6



1488627768323



他にもいっぱい パフェがあるけど
全部うまいっす。


お近くにお越しの際は ぜひー。

rrwsfs



fhgvjについて
https://tabelog.com/oita/A4404/A440401/44000527/







スポンサーサイト

くまののまがいぶつ

この前、大分県の国東半島にある 
熊野の磨崖仏 を見てきた。 



前から 行ってみたかったんやけど、
なかなか 行く機会がなくて・・・ 
 

  


雨上がりだったので、お客さん少ないかなぁ・・・
山道上るみたいやし、1人やったら怖いんよなぁ・・・ 


 ∧,,∧

(;´・ω・),
/∪  J 
しー-J


と思いながら運転していくと、
観光バスが停まっていて ヨッシャ! と思った。 


観光バスが嬉しいなんて なかなかないよ(笑) 

私が停めた後も、車が何台か来た。 

ヨッシャ (;≧∇≦) =3  



DSC08706 DSC08707



駐車場の前にあるのは、 胎蔵寺 ( たいぞうじ ) というお寺。 
その脇道が、磨崖仏への入口です。 


めっちゃ 暗いんだけど (;◔д◔)

こえー




DSC08708 DSC08711

DSC08710 DSC08713




駐車場の入口で お金を払い、山道へ入って行く。 
ここから 何百メートルか上るらしい。 



私の前には、中年のご夫婦が上っている。
絶対見失わなうもんか。 ← 置いていかれたくない


           ∧∧
           /⌒ヽ)
          i三 ∪
         ~三 |
          (/~∪
        三三
      三三
    三三
  三三
三三



ご夫婦からしたら、私はかなり 怪しかったかも。

ごめんね怪しくて。

でも絶対離れない 

だってこんな暗い道!



DSC08715 DSC08717



ふぅふぅ (((≧□≦;))) 

舐めて、パンプスで来たのを 激しく後悔・・・ 



もう、滑るわ山からの水でびっちゃんこやわでもう・・・ 
終わったもう。 


足びっちゃんこは もう諦めたけど、
先が・・・ ゴールは どこにあるんだろう (;◔д◔) 



DSC08723 DSC08726




しんどくなったくらいに、鳥居が見えた。 

雰囲気があって、なんか素敵。




ここかー と思ったらアンタ、
先が すごいことになっていた。 Σ('゚д゚'o)



うぉおぉぉおぃ!! 





DSC08729




鬼が一夜で築いた という伝説のある 
自然石の乱積みの 険しい石段  by 豊後高田市 


なるほどねー (;◔д◔)  鬼が・・・
もうちょっと 几帳面に並べて欲しかった。 

荒いよもぉー



DSC08738



し、しんどい・・・
おまけに、雨でぬれてて 滑る滑る。 



ここで滑ったら あたま ガンッ!! って・・・
もしくは ゴツッ って・・・
        ↑    ↑     ↑
        打    下     止



ひぃー ((;≧皿≦))

集中ッ!!




上から下りてきた ツアーの じーちゃん ばーちゃんも 
横の手すりを がっつり 掴み、 プルプル 震えながら下りてきた。 


私 『 気を付けてー 』

お 『 はーい、そっちも気を付けてねー 
      滑るよ、手すり持って 手すり! 』 



(;◔д◔) はーぃ・・・ 


でも絶対いや。 

絶対、汚いもん。



DSC08759




プルプルなりながら 上まで上ると、
岩に刻んだ仏様が見えた。 



左方の巨岩壁に 不動明王 ( 8m ) 
大日如来 ( 6m ) が刻まれています。 by 豊後高田市 


平安時代末期に 彫られたらしく、
国の重要文化財に 指定されている。




DSC08746



奈良の大仏のように、頭に羅髪 ( らほつ ) 
のあるのが、大日如来らしい。 

かみのけくるくるだいにちにち と覚えましょう。 
覚えなくてもいいですけど。 


ふくよかな お顔やなぁー (*´∀`*)



DSC08773



DSC08749




左側の 不動明王は、普通 怒った顔してるはずなんやけど、
そんなに 怒ってないよなぁ・・・ 


コノヤロー! って感じじゃなくて、
あらあら、このばかたれがー って感じ。 

あき竹城 に見える (;◔д◔)



もろい岩質 に彫られてるらしく 風雨の劣化が激しいんだって。 
なるほど・・・ 

憤怒の不動明王様も、年取れば 丸くなるもんなんですなぁ・・・ 
そうだよねー、怒りって長続きしないんだよ。



DSC08751



上ってきた階段をまだ上に行くと、奥の院があります。 
別に変ったことはないけど。



DSC08754


DSC08755



DSC08769




また、約10年に一度行なわれる 六郷満山の
伝統行事である 峯入り の荒行は、

この不動明王の前を 出発点とし、護摩を焚いて
行程 150km、約10日間の行に入ります。 by 豊後高田市 


150km!!


と思ったけど、福岡には 行橋市から大分の別府まで 
1日かけて歩いていく 100kmウォーク があるので、

それとあんまり 変わんないんだな ((( ´◔‸◔‘)  


でも、片や 舗装された道、片や 山道&岩場。 
大変さは比べようもないです。 




山岳仏教の盛んだった 国東半島全体に、
神仏習合の 独特な 山岳仏教文化 が形成されてきた。 


この磨崖仏から始まり、国東半島の寺院を
山から山へ渡り、最後は 両子寺に入る。 




mineiri-map-01
http://kunisakikaze.photo-web.cc/2010mineiri/2010mineiri-a.html からお借りしました



かなり つらい修行らしく、山岳修行で有名な 
奈良の大峰山など、全国から修行のために お坊さんがやってくる。 



瀬戸内寂聴さんも 参加したことあるらしいけど、
辛いから、付いてこれないと思いますよ と言われたらしい。


 (゚Д゚; )  
  ノ ノ. |  お坊さんもビックリ。
 」´」 ̄|



行けるところまで 付いて行かせてくれって言って
参加したそうだけど、やっぱり 途中で断念したんだって。 

そうだよねぇ、、お年だしねぇ (;◔д◔) 




これは、一般の人も 参加できるらしい。


参加したいけど、どうやって 申し込むんだろ・・・ 
普通の一般人は ダメなのかなぁ・・・ 

そして、女の人も 参加できるんだろうか? 



前回は2010年にあったらしいので、10年後にあるとすれば・・・ 
次の峰入りは 2020年。 

東京オリンピックと 同じ年! 



\  __  /
_ (m) _  ピコーン
   |ミ|
/ `´  \
  ( ゚∀゚)
 ノヽノ |
  < <


2018年は、六郷満山の 1300年の節目の年 らしいし、
それぐらいに 峰入りが予定される事も あるかもしれないけど。 


前のポスターを見ると、お寺さんへ問い合わせ・・・
人数制限あり・・・・ 

近くなったら 問い合わせてみようかな。 (☉∀☉)



126867965114316114471_mineiri_1_900




無心になって歩いた後に、
何を感じるのか知りたい。
  



でも今現在、ここまで上ってきた 私が今思うのは、

この石段をまた下りないといけないのかはぁー
・・・・でした。 (;◔д◔)  


参加する資格があるのか?




DSC08771

DSC08775




下りは、手すりを持たずにはおれず
がっつり 掴んでやりました。


手汗びっちょり il||li _| ̄|○ il||l


上りより、下りのほうが怖いんよねー
何回も滑った。



DSC08777






DSC08782 DSC08783



怪我がなくてよかった。
あと、人がいっぱいいて よかった (;≧∇≦) =3 


久々に ドキドキした(笑)



DSC08785