11年1月 年越し 広島~山口

カテゴリ:11年1月 年越し 広島~山口 の記事一覧

大荒れの広島・山口旅行 ①

今年の年越しは広島。

あ、年越してから出たから・・・年明け (・ω・。) ?
いろいろあって、行けるかどうか分からなかったけど。

lilyyy liygh ( ← クリックすると拡大します )


1時半 に家を出て、九州道 ⇒ 山陽道 に乗り換える。


今年の年末は 雪と寒さがすごくて、冬用タイヤ装着や
チェーン規制などがされてたり、50km制限がされてたりだったけど、


何とか高速を通れて、 延々と運転すること6時間、
朦朧としながら運転していたら、向こうの空が明るくなってきた。


gragragra wareaeatrte rwagrwagrw


間に合わん! :(;゙゚'ω゚'):


やっと最初の目的地、広島県福山市の
盤台寺  ( ばんだいじ ) 内にある
阿伏兎観音 ( あぶとかんのん ) に到着。


wargawrgrwg wargwarg wargwrgrwg


阿伏兎観音(磐台寺観音堂) 紹介サイト ↓
http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/fukuyama/spot/0694.html



キ、キツイ・・・ (≧д≦;) !!

日の出が見たかったから、間に合わそうとSAでの仮眠を
10分とか15分とかしか取れなかったから、

目が・・・ 目がぁ・・・(☼Д☼)


でも、お正月なのに、北九州~福山まで 1000円だった! 
ありがとうございます! ありがとうございます!



************************************



海沿いの道をどんどん進み、細道を抜けると駐車場に着いた。
カメラマンらしき人が 準備していたので、 


私 『 あの、ここって 阿伏兎観音ですか? 』

カ 『 そうですよ。 』


ほっ ( ☉_☉)=3



駐車場からちょっと歩いて、観音堂がある 
盤台寺 の境内に入っていく。


wargwargg wargrwa rwagarwgrwag


一見、普通の民家かと思ったけど、奥にはちゃんとお堂があった。
何か不思議な感じ。。。 (゚Д゚≡゚д゚)エェー


grwaarwgg gwarwrggrw wargwarg waewrgewarg


その奥に、 観音堂に通じる階段 がある。
お堂とは打って変わって 朱塗りの階段。


rq3wgqgrg qa3wrgqrg rwagwargrw rwagrwg


上っていくと、見晴らしがいいお堂があった。


regqgrg


下は海。
前には、広がる海。 真っ青な海。


そして観音堂の中には、おっぱい絵馬。 
おぅ、リアル。


rqawrrgg qrgrgrwg


わぁ~~~!!! ゚+.((o゚д゚o)).+゚ 


wartegawrg 


************************************



ちょうど 日の出 が出る直前 だったので、
ワクワク して待っていたら

・・・・ん (・ω・。)?


対岸の防波堤から、 観音堂越しの朝日 を激写しようと
カメラマンが鈴なり。

うわ~~~ なんじゃ?! Σ(゚д゚;) ヌオォ!?


観音堂に感動して、ずーっと立ってたけど、
多分 私がいたら 

『 オメー邪魔だよ (╬◣д◢) ! 』って言われそうだから
コソコソ 影に隠れながら 日の出を待った。


[広告] VPS



一緒に上ってきた カメラマンさんに、


私 『 あの、向こうにいっぱい 
       カメラマンさんが居るんですけど 』


カ 『 え?・・・ 
      あぁ、あそこ、定番のスポットなんですよ。 』



私 『 そうなんですか・・・ 私がいたら邪魔ですよね? 』

カ 『 あはは、大丈夫ですよ。
     むしろ人がいた方が 喜ぶんじゃないですか? 』



そういうもんなの (。☉_☉) ?

でも、どうせ居るんならもっと 可愛い人がいいよな 
と思って、やっぱり隠れていた(笑) 


************************************



そうこうしていたら ご来光。

すーーーてーーーーきーーーーー!!


r3wqgwqrg3wg


海の向こうから、すぅーっと上ってくる朝日は
とっても綺麗で、1年の始まりなんだなぁ~ と思った。

曇らんで よかったなぁ( *´艸`)♪


[広告] VPS



崖の上に立つ観音堂が、朝日に照らされて
赤く染まっていた。


私にとっての初日の出。 
( 元日は 曇り&雪 で見られなかったから。)


朝から気持ちがいいなぁ (*´ω`*)。

のっけから縁起がよく、意気揚々と次にむかった。


awrgwargrwag gdszgdzbg hrstgrshtshr 
( 私の冬旅のお供、お茶とお菓子のセット。 助手席にちゃっかり。 ) ↑



************************************



次は、福山市の ヤマダ電機の初売り。

なんで広島にまできて?!
だって デジカメ がほしいんやもん (。◕ˇ‸ˇ◕。)!




ヤマダ電機に行く途中、公園があったので曲がったら
案の定山を登りだした・・・ (≧д≦;)


gdzgdbbgb dgbgdbb sgfesegert


おかげで、すっごい綺麗な 景色が見れた!!
光が波間に輝いて、太陽が海に写されていた。

うわぁぁぁぁ・・・・ (o゚д゚o)


gdbdgbdgb


bdgbdd


raewgawegarwg


良かった~ 山登ってきて!


[広告] VPS




************************************


ヤマダ電機に向かう途中、 
鞆の浦 ( とものうら ) をかすめていった。


awrgrwaggr rwagwatgrgraw


道細っそ!!!(゚Д゚≡゚д゚)

どうみても 1台分くらいしか道幅ないよ! 
離合しようもんなら、大変なことが・・・

こわ~~~ ((( ;゚Д゚))) !!


wargtgraweagr ffaarewgrwg wqarwagwqargawr  


朝早かったから、車がほとんど無くてよかった・・・


awrgagrarwg aegrwarewg wsafvfsfvsvf



ヤマダ電機に行き、1時間半も粘ってデジカメを買った。
広島まで来て なにやってんだか・・・(。◕ˇ‸ˇ◕。;)


本当は 一眼レフ がほしかったけど、シャッター音が大きいし、
望遠にするには長い望遠レンズをセットしないといけないし、

かさばるしで、結局デジカメになったのだ。
一眼で、自分で ピント合わせるのが楽しそうだったけど。


まぁ、ぶきっちょな私には 無理だろう。

さて、鞆の浦に戻ります。



↓ つづく。





スポンサーサイト

大荒れの広島・山口旅行 ②

デジカメもゲットし、 鞆の浦 ( とものうら ) へ戻る。


福山市 鞆の浦・仙酔島ホームページ ↓
http://www.tomonoura.co.jp/


gfhmv


さっき通って、 街中に停めるのは無理 。゚(゚ノД`゚)゚。  と痛感したので
少し遠いホテル横の駐車場に停めて歩いていった。


awgwrgrwg awregrwagg ewargwargrwg wargrwagg


すぐに観光案内所が見えて、その先の 三代目作十 で昼ごはん。


ewargwaergwe wargwargr waregrwag rwarwgrg


ラーメン風の限定メニュー ( 弁天そば ) と、鯛めしセット。
坦々麺っぽい蕎麦と、あっさりの鯛めしが美味しかった~~ (,,´Д`)




ここの観光は、 鞆の浦 と 仙酔島 らしい。


この鞆の浦は、 潮待ちの港 として発展。

潮待ちの港 というのは、干潮時と満潮時で 
鞆の浦を境に 潮の流れが変わる場所 で、


1日で瀬戸内海を横断しようとしても、
中間地点にある鞆の浦で 潮が逆になるので

ここで、 潮の流れが変わるのを 
待たなきゃなんなかったんだって。



shio.gif
( 画像はネットから借りました )


人が集まるところに生活ありで、
弥生時代あたりから集落ができて 発展したらしい。


狭い町並みに、由緒ある寺が19、
神社は、大小あわせ数十社も 建ち並でいるそうだ。



歴史的にも重要な場所で、 
室町幕府成立の きっかけになった場所 でもある。


鎌倉幕府を滅亡させた武将、 新田義貞と 足利尊氏。
滅ぼしたはいいけど、今度は 誰が実権を握るかで対立した。


imageCAWFFXL1.jpg


足利尊氏は=光厳天皇、 新田義貞は=後醍醐天皇 
の命を受けて争いが起こり、

結果 足利尊氏が勝利して 室町幕府がおこる。


jidaikubun.gif


この鞆の浦は、足利尊氏が京都に向かう途中、天皇からの
院宣 ( 命令 ) を受け取った場所 なんだって。



そして、

戦国時代に入り、室町幕府 15代将軍 足利義昭 
は、織田信長により京を追放された後、

毛利氏などの支援のもと
ココに拠点を移し、信長打倒の機会を窺ったんだって。


yosiaki.jpg


でも結局、

その間に信長が 本能寺の変で死亡し、
豊臣秀吉が 力を握っていくようになる。

秀吉の天下統一で、室町幕府の再興の可能性が無くなり、
1万石の領地をもらって 朝鮮出兵などにも参加し

61歳で亡くなった。


【 室町幕府の 始まりを終わりをみた地 】 なんだって。



また、朝鮮通信使 の寄航地 にも度々指定され、
福禅寺から見た 鞆の浦の景色を 「 日東第一形勝 」 

( 朝鮮より東の世界で 一番風光明媚な場所の意 )と賞賛した
( この文を額にしたものが 福禅寺対潮楼内に掲げられている )。



仙酔島は、鞆の浦で 最大の島であり
鞆の浦のシンボル的な 島なんだって。

仙人も酔ってしまうほど 美しいことから、
仙酔島と名付けられたといわれる。

外周約5キロの無人島




kuygfcvlhj


その後、あきらかに 漁船を改造した風の
いろは丸 に乗って、

仙酔島 ( せんすいじま ) に渡った。

船で5分くらいのところ。
目の前に、めっちゃ見えてるし。


warrwgrwg ewargewagwreg awrgwargwr wargawrg


船が出たばっかりで 時間があったので、
ちょっと周りを散策した。

向こうには、観光スポットのメインっぽい 
常夜燈 、 雁木 が見えた。


渡し船場の目の前には、高い石垣のうえに、 
福禅寺 の 対潮楼 があった。


wqagrwgqarg


grqrgewgrw wqargrwg rewgqarewg


ちょっと見ただけだけど、全体的に受ける印象は、、、
古いというより、、ボロい (゚Д゚≡゚д゚)? 


rwqarwg aewqrrwag


建物もそうなんだけど、崩れた家電や家具が
目に見えるところにあったり

設備も古くて 暗い色だった。


fdszbfbfsb ( ← クリックすると拡大されます )


崖の上のポニョの 構想を練るのに
宮崎駿監督が 滞在したっていわれていて、


そこかしこに ポニョの映画の元になったであろう
という建物や風景があるっていってたけど、

私にはよくわかんなかった (゚Д゚≡゚Д゚)


趣があるっていうのとは間逆で、、、、
ん~~~ (≧д≦;)

生活感が溢れてるというか、、、生き生きしてないんだよね。



************************************


船が来たので乗っていった。
船着場の目の前に 弁天島。

そのむこうが、仙酔島らしい。


tghsrehets estrhhteshtes wargwargrewg graewrewg
↑ 船・・・前が ウィーン って開くんだね・・・ 初めて見たよ。(о゚д゚о)


fdszbfdsbfb ( ← クリックすると拡大されます → ) wsaBFSbfsg 


仙酔島には、パワースポット がいっぱいあるらしい。

でもこんなに人がいっぱい来て、ホテルなんかも建ってたら、
あるパワーも 無くなっちゃうんじゃ・・・ (;◔д◔)


waergrewg ,jgvcv.k arwbqwregr esthbehtgbesth


とりあえず歩き出す。

自信持って歩いていたけど、行き止まりだった (☼Д☼)(笑)
私の後ろをついて来てた人も、気づいてUターン(笑)


eargrewgarwg awrgwarg rwagrwag rwaggrwg


島なのに小高い山がたくさんあって、階段や山道がいっぱい。
ハヒーハヒー((☼Д☼))


浜に下りてきた。 なんていう浜かなぁ?


wargfawrg wargwrgrwg aregagrwag arewgarwgrwg


[広告] VPS


 
その後、海沿いの遊歩道を歩いていった。
向こうには 行き交う船が見える。

風が気持ちいいですなぁ。 (´・∀・`)


awrgwagrg awrgwargrwg


また浜が。
ここは裸足で歩くと、体にたまった 電磁波が抜けていくんだって。 

ホテルがあるし、ゆっくりするのはいいかも。
光にキラキラ輝いていて、気持ちがいい浜だった。


awrgwrggg


awrgrwagrwg


wagrrwggr rwagrwagrwg rwagwrgrw wargrwgrg


海沿いの遊歩道を歩いていくと、溶岩で出来たという岩が。
すごい岩肌 (。☉_☉) 怪我しそうだ・・・


wargrwgg awrgrwagwr



ず~~~っと進むと、色が何色にもある岩が出てきた。
コレがパワースポットの 5色岩ですか~~?


多分そうだと思う。。。 (=ω=)
だって、看板がないんだもん! 

どこなのか分からん。


rewarwegrwg 



帰りは山道を行った。 横にはお風呂があった。
1000円って、高っ・・・(。◕ˇ‸ˇ◕。;) 

しかも、あんまり綺麗くない・・・


wargrwagrwg teahatehteah esthsethtes 


山越えたらすぐだと思ったけど、ハンパない山道・・・
(☼Д☼) ウェッフォ!!  ゲホッゲホッツ!((☼Д☼))ハァーハァー


wargwargarg rwagwargrwg


登りきったところに展望台があった。
んまぁぁぁ~ (*´д`*)


wargrwgawgr


鞆の浦も見える。
こんなに小さい規模の 港町だったなんて。



さて、あとは渡し場に戻るだけ。
この山を下ったらすぐだろうと思って下ると、

また登り道。 
えっ?また山越え? Σ(゚д゚;)


ewargwarg warefwarfarw kuylvg


グネグネの山道を 延々と上り下り 
しながら、やっと到着。

つ、つかれた・・・ il||li _| ̄|○ il||li 


この2時間、ず~~~~っと歩くか上るか下るか。
しんどいわ~!!



fdszbfdsgbsdb


グダグダで鞆の浦に戻ってきた・・・・


(つづく)