12年3月 阿蘇 火振りと免の石

カテゴリ:12年3月 阿蘇 火振りと免の石 の記事一覧

早春の阿蘇

この前、母と従兄弟と阿蘇に行って来た。

目的はいろいろあるんだけど、メインイベントは
阿蘇神社の火振り神事  と  免の石トレッキング


朝早く出発し、南小国町へ。 ここで 押戸石 という
パワースポットがあるとのことで、行ってみたくて寄ったのだ。


大きい道路から 中原エリア への道に入り、
細道をどんどん突き進む。

7je57kie57k enjke5u7e e5je5ke5k ee55e7k57k

途中、二股に分かれた道を右に進んで、集落の細道を
川沿いにガンガン進んでいく。
民家もなくなり、明らかに山奥へと続く道を進んでいくと・・ w4nbwny e5km5e7e5uk
道の上に石がゴロゴロ・・・ 赤土もゴロゴロ・・・ 

∑(゚Д゚;≡;゚Д゚) ちょ、ちょっと・・・ 

土砂崩れあってんじゃん Σ('゚д゚'il!) !

ヤバイ。


5uke5ue5

小規模だけど、小石や土が流れてきた跡が
いたるところにあった。


ヤバイ。


道は川と崖に挟まれてるので、ここで何かあったら
どうすりゃいいのよ~~ (;OдO) とすごい不安だった。


私 『 か、帰る (☼Д☼) ? ( 言いだしっぺのくせに ) 』 

母 『 ちょっと~ (゚Д゚;) 帰ろうや~ 危ないよ! 』

い 『 いや、ここまで来といて・・・ (´・ω・`;) 』 

私 『 う、だ、だよね・・(☼Д☼) 』 


と、それでも石を避けながらすすんでいくと・・・ 

30分ほど進んだころ、 道の真ん中に、直径60cmは
あろうかという でっかい石 が立ちはだかっていた。


うっ・・・ (゚Д゚il!)   ( 怖すぎて写真撮れてません。 )


動かすにも動かせないし、車でくぐらせるにもつっかえるし。
と、堪忍袋の緒が切れた母が 

母 『 こんな思いしてまで行くことない! 
     帰るよ! 車切り返して (╬◣д◢) !!
 』 


の一喝で、速攻戻ることに。
残念だけど仕方ないよ。・・・っていうか、命の危険が。


この土砂崩れっていつのだろう??
最近かなぁ・・。。すっごい怖かったぁ~ ((((;゜Д゜)))) 



押戸石の丘 紹介サイト ↓
http://www.jalan.net/kankou/430000/430400/spt_43423ab2070122125/


大きい道まで戻ってきて、まだ時間があったので 私が前に
行った 小国の3箇所めぐり に行くことに。

その時の記事 ↓
http://iiedamame.blog94.fc2.com/blog-category-55.html


あいにくの寒さだったので、長居できなくてサクサクすすんだ(笑)
そしてやっぱり何も買わずに 5円玉だけもらうというね(笑)
4wynw45yn w4wn4y w4ynw4yn w4ynw4yn



お腹が空いたので、 そば街道でご飯食べることに。
この前阿蘇に行ったときは、このそば街道で
そば食べずに 洋食食べた んだよなー・・・ (´-ω-`)

とか思いながら、その洋食屋さんの前にある
吾亦紅 ( われもこう  ) へ。

有名店らしく、席は埋まっていて 待ってる人もチラホラいた。

ynw4ynn aenaeynj4y yew4j4yj

私達も待ってたけど、待つのが嫌いな母が 

母 『 こっち葛料理って。 空いてるし、こっちにしようや 』

と、吾亦紅の前にある 蕎麦菜 というお店に入ることに。 

そばな ( 蕎麦菜 ) 紹介サイト ↓
http://r.tabelog.com/kumamoto/A4302/A430203/43000344/


母 『 だって、あんな人がギッチリのところで
        見られながら食べるとか イヤよー 』 


そうですね。

w4yjnwy4j4w 4wnw46j4j



葛料理って初めて食べるんだけど、どういうのかな? 

春らしく、桜の花の塩漬けの乗った 葛湯 などが出てきた後、
すっごい綺麗な料理が次々と出てきた!

w4hw46jw46j w4nj5euj57ejj w4w4jw47j

お餅みたいに弾力がある揚げ出しとか、葛きりとか、
人参ごはんとか、歯ごたえのある ざるそばは絶品! 

4w6tj4yj6

6jhw4yj4wj

ここ正解だったなー! (。→ˇ艸←) 
お母さん、お手柄だね!
   と、テンションが一気にアップ。

でも量が結構多く、最後のほうはみんな無言で押し込んでいた(笑) 

おいしかったぁ~ 。゜.+゜ ((☉∀☉)) ゜+.゜。  
雰囲気も静かで、ゆっくり食事が出来てよかった!

syjsryj4sj

さて、ここからいよいよ阿蘇に入ります。

外輪山を越えていくんだけど、まだ春先だから草は茶色だった。
でも向こうまで見渡せる広い景色に、またまたテンションアップ(笑)

w4j4wj646 w4jw4yjw4yj7

途中、 大観峰 へ。

風がすごいけど、ちょっともやがかかってるけど、
ミニチュアみたいな田んぼや家が遠くに見えて、すっごい綺麗だった

w4jnw4yj7w47j

飛んでる鳥が見る景色って、こんなのかなーと思った。 
が、寒い! (☼Д☼)  風がすごすぎて 寒い!
 
慌てて車に乗り込み、あったかいお茶を飲む ( ´・ω・`)_且~~ (笑) 
まだ3月だもんな~。 


( つづく )


スポンサーサイト

早春の阿蘇 2

その後、草原をすすみ、私が行きたかったもう
1ヶ所のスポットへ。 天空の道 ! 

ネットで見たのは、夏の青々と草が茂った時だったので多少は
違うと思うんだけど、ものすごい ウネウネ道 で、景色がすごいらしい。

 
道に入る曲がり角にカンバンが・・ 
【 工事中のため通行止め 】 

えぇぇぇ ∑(゚Д゚;≡;゚Д゚) ?! 

あ、でもあっちに・・ 【 公園までは行けます 】 
そうなんだ。 ちょっとでもいいから見たいよ。

母は心配してたけど、強引に入っていった。

sr7ji7i 47j4s7ij4

・・・と、いきなりものすごい景色! 

うわぁぁ~ Σ(゚д゚;) すげぇぇぇ! 

[広告] VPS


でもココも アチコチで 土砂崩れの跡が・・・ 
見ると看板に 【 がけ崩れの可能性あり 】  【 落石注意 】

怖ぁぁぁ・・・ ((((;゜Д゜))))  

どうやって注意するんだよー。 
注意って書いてんだから、わざわざこんな道行くなって事?



・野焼きのあともあってか、斜面が黒くて

・大きい石や小石がゴロゴロ落ちてて、

・ガードレールが曲がってて、

・落石防止ネットも錆びてて・・・ 

なんちゅう オドロオドロしい光景 (;OдO) 

4s7ji4s7


反対側は崖だし、そのまた反対も崖。
どこじゃココは アンデスか? っていうくらいの
荒涼とした山道を、どんどん進んでいく。

j47i4e7i47

景色を堪能する余裕はなく、次々に来るカーブを
なんとかやり過ごすこと30分ほど。

K 『 あっ、景色が変わったよ! 』

私 『 本当だ。 見慣れた景色ー  』


もうちょっとで 下に下りてくる!
行ける? 行けそう?! ((☉∀☉))

・・・・というところで、通行止めがされていた。


うっそー! ∑(゚Д゚;≡;゚Д゚)  
もう下が見えてるのに!
 

わき道から降りれないか探したけど、
地図にも載ってなくて、この道1本みたい。

ってことは・・・・ (゚Д゚;) 
この道を 上って 引き返すしかないわけ?!



この道を (☼Д☼) ?! 


K 『 あたし、もうちょっと上で通行止めされとると
        思いよったけん、もう解除されたんかと思った・・・ 』
 

私 『 私も (´・ω・`;) 』 

母 『 ちょっと! ∑(゚Д゚;≡;゚Д゚)  あの道また行くん?! 』 

47jrs7i7

仕方がないので切り返し、来た道を今度は上っていく。 
押戸石 のデジャブ?! と、無言になる3人。

時々母が、 

母 『 下る時は景色が見えて怖かったけど、
         上るときはそんなに怖くないね 』
 

と、気を使って言ってくれる(笑)

[広告] VPS



なんとか上の入り口の道に戻ってきた時、母が 

母 『 ここ、入口にお地蔵さんがあるやん? 
          ここで昔何かあったと思うんよ 』 


K 『 あたしも思った。 誰か死んだんかな 』 


そういう怖いことは、下りる前に言ってよ (☼Д☼) !
 
でも無事に戻れてよかった・・・・
天空の道じゃなくて、天国行きの道だよ。



ホッとしたのもあり、急にトイレに行きたくなる私 ((゚Д゚≡゚Д゚))(笑) 

だって下りてからコンビニ寄って貰おうと思ってたから、
すぐだと思ったんだよ。

まさか引き返して、店も何にもない
外輪山のてっぺんに戻ってくるなんて。。。 (;OдO) 




ブンブン高速でまわる風車 ( 風が強かったので ) 
を眺めながら下っていき、なんとか外輪山の麓に下りてきた。

はぁぁ~ 。゚(゚ノД`゚)゚。 やっと着いたぁぁ 

途中の物産館みたいなところに車を停め、
速攻でトイレへGO! ε=ε=(ノ≧ロ)ノ 



戻ってくると 

私 『 あれ? (゚Д゚≡゚Д゚)?  Kちゃんは? 』 

母 『 お店観に行ったよ。 お母さんもトイレ行ってくるね 』 



しばらくして・・・ 

K 『 戻ってきたねー。 
        ( バンッ ブルン ブブブ ブーン ) 』
 

私 『 ちょっと待って(☼Д☼) !  
         お母さん乗ってない!
 』 


K 『 ( キキィッ! ) えぇ?! 』 


あやうく 母を置いていくとこでした(笑) 


その後、そうとも知らず戻ってきた母を乗せ、
なにくわぬ顔で出発したのでした。

危ねぇーーー (@_@;) 


( つづく )