2012年05月 の記事一覧

岡山のたび 1

岡山。 OKA-YAMA。
恥ずかしながら 岡山のイメージとしては、
桃太郎、 きびだんご、 フルーツ・・・ くらいしかなかったので、

行ってみて こんなに歴史溢れる、みどころいっぱいの
ところだとは思わなかった。


しかも実質 3日の旅行だったけど、全然時間が足りず。
海側しか回れなかった。

山側も、いっぱい行きたいところ あったのにぃ  (;◔д◔) !!!




1日目 岡山へ出発。 

九州から岡山まで、車だと 片道6時間もかかる ので
初日と最終日は、移動で終わってしまう。

しかも私達は 6時間も運転するのがキツかった (☼Д☼)  ので、
国東半島から山口まで、 フェリー でショートカットしたのです。 


e57nkj5ke57i


朝7時に家をでて、2時間かけて 国東半島にある
周防灘フェリー の 竹田津港 へ到着。


周防灘フェリー HP ↓
http://www.suonada.co.jp/


フェリー乗り場といっても 大きくないので、
チケットを買って 車で待機していた。

そのうちにフェリーが入港し、あわただしく車を載せた。


はぁ~~ 
ここまで来るのに すでに疲れたよ・・ ( =_=) =3


57jne57kie7ie57 e57j5ejike57ie5 g5e7ujie57ik5e7 7kjr7ksr57


9:40に出港したフェリーは、2時間かけて
山口県 の 徳山港 へ着いた。


drumrdkry ryjnfr5jke5k e5mnf5ejfe5kji 5ejne5kjie57k


あいにくの天気だったけど、移動には 関係ないよねーと、
車を走らせて 徳山東インター から高速に乗った。


ここから最初の宿、 倉敷までは 高速で3時間の道のり です。


e57jne5fjk5e7i enje57ike57


途中、何回かSAで休憩しながら 4時に今日の宿、 
ホテルサンプラザ倉敷 に到着した。


5e7jnfe5ji7keji5e


ホテルサンプラザ倉敷 紹介サイト ↓
http://www.jalan.net/uw/uwp3000/uww3001.do?yadNo=391032&rootCd=58&vos=djalrmgmz10070600100


行くまで知らなかったんだけど、このホテル、1号館と2号館があり
2号館で泊まる場合は まず1号館でチェックイン

鍵を貰ってから自分で、となりにある 2号館に行くらしい。
 

私 『 あの、2号館には フロントあるんですか? 』 

係 『 いやー、係員がいないので、、チェックアウトも
          こちらに 来ていただくようになります。 』
 


えぇー 面倒くさい・・・ (;˘・з・˘)
と思ったけど、しょうがない。


8idki8o68okd rymrsymkudr


ここでキーをもらい、隣の2号館へ歩いていった。
 
カンバンこそあるものの、見た目は
アパートを買い取った~ という感じ。


部屋にはいると・・・・ でっかい ソファーがある! 
嬉しいけど、どうすればいいの このソファー (;OдO)


5kmd8o5o fdmko58 dijd57ikd75i


シングル2部屋取ったんだけど、2部屋とも 
黒いでかいソファーが、ドーンと置いてあった。

いっそのこと このソファーのスペースにもう一台 
ベットおいて、安い値段の ツイン にして欲しかったよ。



絶対使わないでしょ こんなでっかいソファー・・・・
と、スペースを持て余しながら (゚ー゚;三 ;゚ー゚)  

荷物を置き、とりあえず観光しようと 美観地区 に行った。


dkjd57ik57i setjnryj srynjrysjrsyj dkd8o6o


ホテルは駅の向こうにあったので、駅を通り抜けて 歩くこと15分ほど。
古そうな建物が並ぶ 美観地区 に着いた。


雰囲気的には 柳川みたい なんだけど、
水路の両脇に お土産がいっぱい売っていて、

柳川より お店がいっぱいある。


rsyjnryjrj ryjmkruruk dtmkdtukmdtuk 46uh46uj64u


でも着いたのが5時前だったので、 段々 お店が閉まっていく(笑) 
( 美観地区のお店は、大体 5時くらいで閉まるらしい。 ) 



とりあえず 私が行きたかった 阿智神社 へ。

ここには 日本一の大きさの藤 があるんだそうだ。
ちょうど、藤まつりを やってるって聞いたから。


4w6hj46u6u w46ju4ju64u w4sj46u4w6u trs6us6u


長い階段を カツカツ 上がっていくと・・・ 
美観地区の 屋根が見えた。 。゜.+゜ ((☉∀☉)) ゜+.゜。 

上から見てもきれいだなぁ~。 
高い建物が あんまりないから・・ かな。


一番上に登ると、丁度 結婚写真を撮影していた カップル が居た。
幸せそうだ~ (๑・‿‿・๑) 


晴れてたらもっと良かったね~ と思いながら、
参拝するのを遠慮して 藤を観に行った。


藤は、さすがに 日本一らしく かなり大きかった


e5uje5ju5e7ss


でも 藤祭りのはずなのに 花が全然ついておらず、散った後らしかった。
残念・・・  (;◔д◔) !!! 


まぁ、こういう自然系のイベントは
日にちがあって ないようなものだから・・・ 

と、諦めて阿智神社を後にした。


5e7u5eu5es 5uj5euue5s e5ju57uj57us e5eje5uje5s


下に下りて ウロウロしていたら、 本格的に 店が閉まりだし、、、
(;ω;` 三 ´;ω;) どうしようか~ 

と話しながら入った 店のご主人が、


今日は夜の7時半から、 ハートランド っていう、まつりの
イベントがあるんだよー (人´∀`)  と教えてくれた。


ハートランド倉敷 紹介サイト ↓
http://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_event_detail.php?eid=4770&dt=2012-05-04


なんでも、 竹取物語をイメージした船が 堀を往復する とのことで、
見てから帰ることに。 

いい時に来たな~~  (。→∀←。)  


eje5u57u ddmkutkdtu dumdtukdtuk dtumdktdukut


お腹も空いたので 釜揚げうどん 食べた。
九州って 醤油が甘い って聞いたんだけど、本当なんだー。

この おつゆ、、、ちょっとカライ・・ (´;д;`) 


東京でも思ったけど、普段食べてて 何にも感じなかったから、
旅行で普通通りに食べて びっくりすることあるよね。

私がビックリするのは、 醤油の違い と 味噌の違い
美味しいんだけどね。



その後、 ぶらぶら しながら待ってたんだけど、あいにくの小雨で
イベントがあるかどうか 分からない状況らしい。


dtumkdmktuk dtukmdtuktdu 


それでも もしかしたら・・・ と待っていると・・・
ぴゅぃ~~  Σ(゚д゚;)


おっ、あるんじゃん (・ω・ = ・ω・) ! と、堀に駆け寄ると、
笛の音とともに 衣装を着た男の人が船でやってきた。


dukmdumk


[広告] VPS



堀沿いのたいまつの火と、小雨が逆に いい雰囲気を出してる? 
橋の上には、かぐや姫に扮した 女の人が居て綺麗だった。


duktukdtuk


ちょっとの間だったけど、見れてよかったなぁ~ (人´∀`)  
と、歩いてホテルに帰ったのでした。 


tdukmdtkmtu rsyjmktudkutk



( つづく )


スポンサーサイト

岡山のたび 2

954651


2日目 今日は倉敷市と岡山市の間にある
総社市 というところに行くのです。


ここは 桃太郎 のモデルになった 
吉備津彦命 ( きびつひこのみこと ) を祭った神社がある。


しかも、 吉備津彦神社 と、 吉備津神社 という
似た名前の神社が、それぞれあるんだそうだ。 ( ☉_☉)



朝8時に出発し、8時半には 
吉備津神社 ( きびつじんじゃ ) に到着した。


4j46j4w6j 4w4jwj 4whw4j46j


吉備津神社 HP ↓
http://kibitujinja.com/


ここは 鳴釜神事 ( なるかましんじ ) というのを受けれるそうで、
その受付が8時半から だから、朝早くから行ったんだけど、、、


すでに人がいる。

うっそーー! Σ('゚д゚'o);≡;o゚д゚)  と、急いで上がる。


w4hb4w6hj46jw4


石垣の 立派な階段を上ると・・・
ドーンと 立派な神殿があった。

めっちゃ 重量感あるなぁ~ ゚+.((o゚д゚o)).+゚ 


thj4yj4jw htehh 4qhjh46j


[広告] VPS



社務所みたいなところで 

私 『 あの、鳴釜神事を 受けたいんですが・・・ 』 

神 『 あ、はい、ではこの紙に 記入して頂いて、
         御願いしたいことを 書いてください。 』
 


私 『 はい。 えっと・・・干支、住所・・・ 
        この願い事って、どんなのがあるんですか? 』


神 『 えーっと、一年の無事を祈るなら 身体安全、
                学業に良縁もありますし・・・ 』
 


選べない。


私 『 1つしかダメなんですか? ( ☉_☉) 』 

神 『 そうですね、祈り方が 変わってくるので・・・ 』


神 『 それか、神事の間、 自分の心の中で願い事をする 
       心願成就 だったら、何個でもいいんじゃないですかね 』
 

私 『  じゃぁ、それで (-ω☆)キラリ  』 



もうすでに 煩悩まみれ(笑)  


とりあえず記入し、そして金額。 
【 お気持ちで 】 とはいえ・・・・ 幅が広すぎる。


S 『 ねぇ、いくら 払ったらいいん? 』 

私 『 ガイドブックには 3000円 って
       書いてたから、 3000円にしときましょう・・・ (。・´_`・。) 』


 
一番安い 3000円にしたけど、
見本には 期待を込めてか 1万円にマル がしてある。


4hj4wdnj4wj hah3h


このぐらいだったら、こっちも 気合入れてお祈りしますよ!
・・・ってことなんだろうか・・・  (;◔д◔)


安かったら お祈りが雑になる なんて事はないと思うけど、
モチベーションが下がるのかな・・・
 

逆に5万円とか、大金払った場合は 
神官さんも何人も来て、 気合入れて 祈祷してくれるのかなぁ~、、、


それぐらい してもらわないと、出し甲斐がないってもんだよ。
っていうか、5万も出す金持ちって、どれだけいるんだ。 ( ☉_☉)


いきなり 自分の懐具合と 本気度を試されて、 軽くショックを
受けながら 待合所となっている 祈祷所に入っていった。  ((((。`;д;)


theh4 th4eh4h


待つこと10分ほど、名前が呼ばれ、奥へ入った。
って・・・ へ?? Σ('゚д゚'o);≡;o゚д゚)


てっきり鳴釜神事がある、あの黒い建物に
直で行って お祈りしてくれるもんだと思ってたから、


普通ーに、 玉串もって 厄払いや車のお祓いみたいに
ご祈祷が始まった時は、 ビックリしてしまった。



でも、Sさんの住所と 名前を言うとき、
神主さんが 言い間違った のは笑った(笑)


神 『 ふぅくおかぁけぇん●● 24・・ 23・・・ 235~
               ※※・・  ※%・・・  %※Sぅぅ~ 』



腹筋が。 腹筋がヤバイ `;:゙;`(;゚;ж;゚; )

下向いて必死に頑張ってたけど、 その反動か
手に持っていた 玉串が サワ サワ サワ サワ 揺れていた(笑)


ワッシャ ワッシャ と白いのを振られ、退出時に
お守りを貰って ( お守りか お札か選べる )、


神 『 鳴釜神事を受けられる みやみや様は、
     そのまま 御釜殿 ( おかまでん ) へ向かってください。 』
 


神事っていっても、占いっぽいものらしい。


qht64hq 3qhq3h3 えてぇth


なんだぁ~ ( =_=)  と思いながら、 国宝の回廊 を下っていく。 
400mもある 回廊らしく、すっごく立派で すっごく長い(笑) 

こんだけのものを よく造れたなぁ~と思う。


xfhmxfm


ちょうど、牡丹まつり をやっているらしく、
回廊の両端には牡丹の 鉢があり ( 散ってたけど )、

華やかだった  (o^-^o)
綺麗だなぁ~ と見ながら進む。。。


っていうか、御釜殿って どこなの (゚Д゚≡゚Д゚)?   



ちょっとイケメンの 神官さんが歩いてきていたので、 


私 『 あの、御釜殿ってどこですか? 』 

神 『 あ、今から参りますので、ご一緒に行きましょう 』 


[広告] VPS



回廊から脇に入ると、お茶会をやっていて
赤の毛氈 が綺麗だった。 

その脇には 団体さんが ウジャウジャ いて、


私 『 何 コレは?! Σ(゚д゚;)  』


神 『 ご近所の方たちです。 年に1回、皆さんで
       集まられてるんです。 今日は その日ですね 』
 


氏子さんかぁ~ 
みんな楽しそうで ワイワイしていた。

っていうか、ワイワイしすぎてて、私達の神事のときも
ガンガン 声が聞こえてきてたんだけどね。


おばちゃん特有の、私が、いや私が ってやつ。 


お 『 これ、ウチが払うわー 』 

お 『 あら! いいよ! 私が! 』 

お 『 またそんなこと! いいって! 私が! 』 


だぁー! どうでもいいわ そんな事!! щ(゚皿゚щ) 
さっさと払って!  と、心の中で思ってました。



入る前に準備があるのか、ちょっと待つように言われた。

案内板を読んだり、鬼の椅子に ニヤニヤしたりしてた。


xfhmxmx xfhfxhm cfhmfxmhx chcfhmm


御釜殿の中は 撮影禁止 だったので、写真は撮れなかったけど、
正面には 大きな釜が2つあり、バチバチと火があがっている。

片方の釜には セイロ? が乗せられて、
蒸気が モクモク と上がっていた。


ずっと薪を燃やしていたので 柱も梁も壁も 真っ黒 で、
ござもススけていた。 

年季が入ってるなぁ~ (・ω・ = ・ω・)  



中には巫女さん?のような おばちゃんが2人、
白装束で座っていた。
 


若い巫女さんだったら バイトかしら。。と思うけど、
年を取った 白髪交じりのおばちゃん だと、


本気の神事なんだ・・・ (☉∀☉) 
と、 ありがたみが増す のは何でだろう(笑) 


しかも、ニコリとも笑わない。
ので、 こっちも笑えず、声も出せず。 ( ☉_☉) ・・・・・



撮影禁止なので、ネットから拾ってきた画像で ↓


4w6hwhw46h6 3h4whw46h4 

q3gh3qhg


さっき貰ったお守りを 神官さんに渡し、まず、
神官さんが 祝詞を読み上げ、その間おばちゃん ( おばちゃん呼ばわり ) が、

ずっと薪を ガサガサ いわせて 火力を調整? していた。 


すると、おもむろに おばちゃん立ち上がり、
玄米みたいなのを ザルに入れ、 釜の蓋を開けて蒸気の中で、


玄米入りのザルを シャカシャカ 振り出した。


その瞬間、どこからともなく 

ボ-------- 

ボ-----  ボ-----
 


びくぅっ Σ(゚д゚;)  ! 



と不気味な音が! 
結構すごい音量だったので、 最初は 正午のサイレン かと思った(笑) 

でも、音に慣れてきた頃 


私 ( ハッ!(`ロ´;)  あっ! そうだよ 心願成就! お祈りしなきゃ! ) と、
慌てて心の中で お願い事を繰り返していたのでした(笑) 


不気味な音が 御釜殿の中に 響き渡る間、
不思議な空間が広がっていた。

あんだけ周りの声が 聞こえていたのに、
ボ--- という音だけしか 聞こえない。




段々音がしなくなってきた頃、おばちゃんが
ザルをはずして座った。

神事が終わったみたいで、神官さんが退出。 


おばちゃんが玄米 ( さっき振ったの じゃないヤツ。 ) 
を私達の手に少し 乗せてくれて、 食べてくださいと促す。 

ガリッ ガリガリガリ・・・ ((((;゜~゜)) 


うっ、硬い・・・ 歯が心配(笑)
 


( つづく )