2015年10月 の記事一覧

9 NAGASAKI

シーボルト シーボルト 言ってますが、
彼の本名は



フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト。


どれが名前?



シーボルトが 苗字でしょ?
どこが名前なの? (;◔д◔)

多分、フィリップか フランツ・・・
外国人の名前は、よく分かりません。



250px-シーボルト_川原慶賀筆

( wikiからお借りしました )




今から 220年くらい前 に生まれて、70歳くらいで亡くなりました。 
結構 長生きしたんやねー (☉∀☉)  


ドイツのお人で、お家は ドイツ医学界の名門 
そのうえ、貴族だったらしい。 

お父さんは 早くに亡くなったけど、お母さんの叔父さんに
育てられ、医学をはじめ、 動物、植物、地理などを学ぶ。 



お医者さんの 資格をとったシーボルトは
東洋に興味を持ち、オランダで斡旋を受け 

オランダ領 東インド陸軍病院の
外科少佐 になったりしている。




その後、オランダから喜望峰、ジャワ島を通り、27歳の時、
鎖国時代の日本の 対外貿易窓であった

長崎の出島の オランダ商館医になった。 



0103

http://www.jti.co.jp/Culture/museum/exhibition/2010/1004apr/0103.html?TB_iframe=true&width=523&height=415





もともと ドイツ人なので、
オランダ語が めっちゃ下手だったらしい。 




日 『 そなた、この者の 言う事が分かるか?  』 

日 『 いやぁ・・・ それがし 分かり申さぬ。 』 


シ 『 ナンディスカー 』 

日 『 おぬし、本当にオランダ人か? 』


日 『 我が日本の 通詞 ( つうじ=通訳 ) 
           よりも 下手くそではないか 』 


シ 『 アー・・・ 』

シ 『 ワタシ、オランダノ 超ーー
      ヤマノ シュッシン。 ナマリ ガアリマース 』 



   n ∧_∧
  (ヨ(`・ω・´) ウェ~イ
   Y    つ


日 『 えぇーー 本当ー?? (。◕ˇдˇ◕。) 』 



オランダに 山ないんだけどね。 





最初は出島内で 医療を施してたけど、
出島の 外に出るのを許され、


鳴滝 ( なるたき )
 というところで 鳴滝塾を開き、
全国から 西洋医学を学びにやってきた

高野長英 ・ 伊東玄朴ら、医者や学者に講義した。




cp1_narutaki1
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/history/research/cp1/chapter1-2.html




また、特別に長崎の町で 診療することを許され、
普段の日本人と 接する機会を得たほか、

日本の 動植物、風土、文化 を探索・研究した。 




出島の カピタン ( オランダ商館長 ) について、
江戸 までも行ったらしく、 

道中、日本の 自然や風俗の研究で ウハウハ だったらしい。 


オタクだ。



江戸にいたとき、例の 日本地図 をゲットしたみたい。
あ~~~ (;◔д◔) ヤバイヨ ヤバイヨ。




32歳くらいの時に 一時帰国する際、
例の シーボルト事件 が起きる。


入手した 幕府禁制の 日本地図 や、近海の深度測定図などを
国外に持ち出そうとした事で、危険人物と定められ、

関係する 日本人が捕縛され、シーボルトも
軟禁状態になって 家宅捜索や尋問を受けた。 



日本の友人を救おうと、他意はない事を主張し
自ら日本の民になり、残りの人生を 日本に留まることで

人質となることさえ 申し出た。 


しかし、スパイ容疑は晴れず、33歳の時に 国外追放処分となった。 

日本に滞在したのは、6年間くらいですね。 




帰国後、オランダ政府の後援で 日本研究をまとめ、
集大成として全7巻の 『 日本 』 を発行した。


その後、 『 日本植物誌 』  『 日本動物誌 』 などを
発行し、日本を世界に紹介した。 



日本の開国を促すために運動し、アメリカの 
マシュー・ペリー ( あのペリー ) に日本資料を提供し、

早急な対処 ( 軍事 ) を行わないように 要請する。 



また、48歳の時に、ドイツ人 女性と結婚し、3男2女をもうけた。 




1854年に 日本が開国し、日蘭通商条約 が結ばれたことで、
シーボルトの 追放処分も解け、


貿易会社の顧問として、息子のアレクサンダーを伴って
63歳の時に 再来日。

3年ほど滞在したあと 帰国し、
70歳で ミュンヘンにて死去した。



日本滞在中、もともと 商家の娘で、丸山町遊女 
源氏名 「 其扇 ( そのぎ ) 」 =楠本滝 との間に

31歳の時、娘:イネ を設ける。


日本人の出入りが 厳しく制限されていた出島で
遊女は比較的自由に 出入りが許された。 

其扇は、シーボルトお抱えの 遊女であった。 


※でもこれには 諸説あって、楠本滝は遊女ではなく、
 シーボルトが 出島の外で診療 しているときに出会い、

 シーボルトに逢う為に 遊女という事にして
 出入りしていた という説がある。


シーボルト国外追放まで 出島で居を持ち
仲睦まじかったらしい。 



200px-Kusumoto_Otaki_(1807-1865),_aka_Sonogi




泣く泣く別れた 楠本瀧は、2年後、回漕業者
俵屋時次郎 と結婚した。

混血児である イネは・・・・ やっぱり、
ハーフはその時代 かなり差別されたようだ。 



12歳の時、シーボルトの門人 ( 教えを請いていた人 ) 
である、 二宮敬作 のいる、

四国の宇和島へ行き、医学を学ぶ。 



19歳の時、産科を学ぶべく、同じく門人だった
石井宗謙 の元を訪ねるが、何をどうなったのか


手籠めにされて妊娠、
娘の 高 
( たか ) を生む。 



サイテーーーー!! 
石井宗謙さいてい!! 




この下郎!!

   ∧∧.∩      ∩_ ・∵’、
  (    )/ ⊂/"´ ノ )
 ⊂   ノ   /   /vV  グハッ
  (   ノ    し'`∪
   (ノ


19歳の ピチピチのハーフ の娘にムラムラしたのか?

自分の師匠の血を引く子を 言うとおりにして、
自分が上に立った つもりになったんだろうか。 


バッカじゃねぇの、ダっセェ。 

やっぱり、女って 下に見られるんだよなぁ・・・ 


それとも、単純に 好きやったんかな。 
そうであってほしいな。 (´;д;`)



でも、当のイネは かなりショックだったようで、 ( 当たり前 ) 
そのことを知った、前の師匠の 二宮敬作の元に戻った。 


生まれた子は、自分の本意で産むのではない
天が ただで 授けてくれたという 意味で タダ(子) と名付けた。


可哀相すぎる。


やけっぱちやん。
( 後年、タダは改名して タカ ( 高子 ) と名乗った。 )


 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
  o( U U
   'ー'ー'



その後、シーボルトが 再来日する知らせを聞き、
二宮敬作、その甥と 長崎に向かう。 



33歳の 父の記憶しかなかった イネ と、
2歳だった 娘の記憶しかなかった シーボルト


どんな 再会だったんですかねー 


恨み節の一言も 言ったのか、
感動の 涙の対面 だったのか。 



        ∧__∧
      ( ´・ω・)∧∧
       /⌒ ,つ⌒ヽ)
       (___  (  __) 
''" '゙''` '゙ ゙゚' ''' '' ''' ゚` ゙ ゚ ゙''`



でも、30年くらいの ブランクがあるので、

え? この人? この人がそうなの? って、
きょとーん (;◔д◔) として終わったんじゃないかな・・・ と思う。



でも、このシーボルト、 63歳で、30年ぶりの感動の再会、
昔暮らした なつかしい鳴滝に家を構え、

滝やイネがそばにいて 幸せな日々を・・・ 


と思ったら、生活が大変だろうからって お滝さんが
家政婦に雇った シオ という人と懇ろになり、

なんと子供を作っている。 



意味が分からん!!!


  ∧,,,∧
 ∩`iWi´∩ ∧,,,∧ グオー!
 ヽ |m| .ノ∩`iWi´∩
  |  ̄| ヽ |m| .ノ
  |   | |  |
  U⌒U  .U⌒U



シーボルト サイテー! 
63歳でしょ? エロがっぱめ! 



お滝さんや イネさんは、メチャメチャ傷ついて
シーボルトに 失望してしまったそう。




シーボルトが帰国するまで 医学を教わり、
日本で初めての 女性の産科医 として活躍した。 


ちなみに、娘の タカ は、師匠 二宮敬作の甥である
三瀬周三と 結婚⇒死別している。 


その後、異母兄・石井信義 ( お母さんを手籠めにした、石井宗謙の息子 )
の元で 産婦人科を学んだが、その中で

医師・片桐重明と 関係を持ち ( というか、お母さん同様 手籠めにされたらしい )
生まれた子供に、前の夫と同じ名前 ( 周三 ) をつけた。



石井は本当に 縁起悪い!


    (⌒⌒)
    `川´
  :: ∧_,,_∧ ::
 :: (#)‘ω‘(#) ::
  :: (∩ ∩) ::
激おこプンプン丸!! ← 死語




医業の道は断念したが、その後に 医師・山脇泰助と
再婚、一男二女を生むが、結婚7年目に先立たれた。


その後、東京で 母とくらしたりして

昭和13年に 亡くなった。


銀河鉄道999の、 メーテルのモデル に
なったとも言われている。



確かに美人。


b0181748_18171898




ちなみに、シーボルトが ドイツ人女性と結婚して
もうけた子供の中で、日本に来たのは


長男 ( アレクサンダー ) と 
次男 ( ハインリッヒ ) 。 



長男は、シーボルトが 再来日したとき 一緒に来日し
シーボルトが帰国した後も 日本にとどまり、

外交官として はたらいていた。 


その兄が一旦帰国し、日本に再来日する際、
一緒に 次男がやってきた。


日本では兄と共に 諸外国と日本政府との
条約締結などの 職務に着手。 




異母兄弟の 楠本イネや、タカとも交流があり
病院を建てる支援をしたり、仲は良かったらしい。


良かったね、耐えて待ってた シーボルトは 
別の女と 子供つくっちゃって ガックリしたけど、


異母兄弟と仲良くて 助け合えて、よかったねと思った。 
少しは 幸せにならんと。



日本橋の商家の娘 岩本はな と結婚し、2男1女を儲けるが、
晩年になり 重病を患ったハインリッヒは、

公使館の職を辞し、家族を残して 帰国した。


~ウィッキーさんより~


シーボルト記念館 紹介サイト ↓
http://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/820000/828000/p027288.html




そんな シーボルト記念館と、シーボルト旧宅を見学。

この時は、シーボルトの事 ぼんやり としか知らなかったので
のんきに 見学していました。


DSC09222 dsc09223


 dsc09224


DSC09227 DSC09233


 さて、戻りましょうかー



 ( つづく )


 

スポンサーサイト

10 NAGASAKI

シーボルト記念館を出て、また 路面電車に乗ります。 
ちょっと迷って 始発?停留所の 蛍茶屋 へ。 




netmap5b
(長崎電鉄のHPより )




 dsc09237 dsc09238

dsc09239



なんか、車内は 昔懐かしい香りです。
昭和のかほり。



dsc09240 dsc09241



出島に行ってみる~? と
築町で下り、歩いて行こうとすると・・・


なんか札を かざした人の後ろに、
カラフルな着物が 見え隠れ・・・・ 



先ほど奉納踊りを 披露した人たちが、
庭先周りに回っていた。 



ファミマの前でも 奉納踊り。 

シュール。

 


dsc09243 dsc09245


dsc09248 dsc09249 



出島の復元しているところは、
築町の停留所から すでに見えます。
 


ちなみに、反対側には 新地中華街 の門が見えます。 

超便利な所ですねー (;◔д◔)


dsc09251

dsc09252



W 『 えっ、出島って 島じゃないの?! 』


何て新鮮な反応。



私 『 そうなんよ、もう 埋め立てられてるんよ 』

W 『 そうなの?! 私、まだ島なのかと 思ってたわ 』


W 『 そうなのー・・・・ 』



興味なくなったわー って感じ。



でも、せっかく来たので 復元しているところを見て
みようと、お金出して中に入った。



dsc09254


dsc09255


dsc09256


dsc09258




チリンチリンアイス 売ってたー
チョコ味でした うんま (*´∀‘*)

売ってるおばちゃんが、ため息つきながら



売 『 はー やっと売れたー 』

私 『 あんまりお客さん いないんですか? 』


売 『 今日は さっぱりですねー 』

私 『 くんちが あるからですかねぇ、向こう行っちゃうから 』


売 『 うーん、そう・・・ じゃないと思うんですけどねー はー
       もう、このまま売れんかったら どうしようと思ったー 』


私 『 もう 夕方やもんね(笑) 』



dsc09260
  



dsc09261 dsc09263



中を歩いていると、

出島の職員さんが あわただしくなって
さっき ファミマの前で 奉納踊りをした人たち が来た。



ココでも するのかな?


dsc09264






可愛かった~

でも、こんな夕方まで 町を 踊りながら歩いてるのかー
大変だなぁ・・・ (;◔д◔)



そして、築町の停留所に戻ると
今度は 榎津町の 川船が!!



ちゃんと 網投げもしてましたよ~
大量ゲットでした(笑)



dsc09266


dsc09268


dsc09276



ヨイヤァー

ヨイヤァー!!



dsc09277


dsc09278



ヨイヤァー!


庭先周りは、近くで見れるので 楽しいです。
ただ、 狙って見るか たまたま見れるか の違いで。


また観たいなぁ~ 
来年は、踊町が また違うんでしょ? 

 
しかもお神輿 観てないし。 (。◕ˇдˇ◕。)

今度は絶対見よう。




dsc09283



もう こんな時間ですよ。 
宿は、ここから 1時間くらいのところです。


レッツゴー


( つづく )